【作業日誌】Marshall 1960A キャビネット修理+α

こんばんは。Mirage Leaf Craftworks 店主の永野です。
久しぶりの投稿ですが、工房内で試奏用として使用予定のギターアンプとキャビネットを購入した際のドタバタを記したいと思います。
セパレートタイプのギターアンプを使用されてる方に有用な情報だと思いますので、読んでいただけましたら幸いです。
※めちゃくちゃ長いです



先日、某オークションサイトにて「Koch PowertoneII」を落札しました。
リバーブつまみが裏にある初期型?だと思うのですが、相場よりだいぶ安く購入できたので良かった~

ヘッドの雄姿。めちゃんこ重かったです。

人間、ヘッドアンプを購入すると次はキャビネットが欲しくなるもので、某楽器販売仲介サイトで掘り出し物を見つけ購入しました。
スタジオにて使用していたキャビネットを閉店に伴い格安で販売しますとのことで、こちらも相場よりだいぶ安く購入できました。

ネットの破れが酷使を物語っていますね

キャビネットが到着し、梱包材をむき散らかしてスピーカーケーブルを接続しようとしたらジャックごとめり込みます。
キャビネットを倒したかもしくは壁に押し当てたか。どうやら陥没しているようでした。

キャビネット裏のヘッドとの接続部
修理後に撮ったものですが、実は赤枠部がバックリ割れてました。補修済
こちらも修理後ですが、到着時は赤枠部がパカパカ

一抹の不安がすごいよぎりますが、一応ジャックは接続できるのでつないでみて、待望の音出しです、、!!
が、やはりというか音が出ませんでした。まぁ想定内です。だいぶ安かったので、店に文句言うより直してやろうと。
ここら辺はギタークラフトの道へ進むきっかけとなったDIY精神が溢れたようです。


インピーダンスに気を付けながらいろいろ接続を試してみたところ、16ΩInputはMONO、STEREO共に完全に死んでおり、4ΩInputでSTEREOだと音が出るようでした。でも接続位置と出音が左右反対?
ってことでバラします。

最初にバラした様子。ここの基盤取付向きは参考にしないでください(理由は後述)
取り外した図

基盤部をひっくり返したら、何か半田が怪しいです。(センターのスイッチ端子部と右上のジャック端子部)
とりあえず後でコテを当てるとして、できる範囲で清掃を行ってみました。

右上のジャック端子部はお店の人が当てたんでしょうか。怪しいです
スイッチを分解し端子部を清掃
汚れべっとり!ジャックも同様に清掃し、スイッチは新しい接点グリス塗ります

怪しいって言ってたジャックの端子部は、なんとパターンが浮いてました。
このままハンダを流してもキャビネットの振動で何か不具合が起こりそうなので、レジストをちょっとはがして、、

パターンが浮いてガビガビの図(ピンぼけすいません)

はがしたところにハンダ付けしました。

導通確認してOKとします

コテで端子を一通り当て、導通確認を行ったのですが、上記ジャックの反対側が怪しいです。Tipが導通しない?なんで?
気持ち悪いのでジャックを取り外して確認します。
すると、、

あれ?端子少なくね?

なんと端子がちぎれてました。基盤の端子穴部分で切れていた?反対側を見ると→

燃えとるやん

なんとなんと端子が焦げてました。まじか。
パワーアンプから出力された大電流がちぎれた端子部にて通電したりしなかったりでスパークが発生し、焦げたんではないかと考えます。
焦げの範囲からみて、結構激しかったんではないでしょうか??基盤部も焦げてました。怖い。

焦げとる

このような場合は問答無用で部品交換なのですが、あいにくPCB端子のジャックなんて持ってません。(アンプ触らないし)
すぐにでも音を出したいので、線径の太いスズメッキ線で端子を増設して応急処置します。
もしお客様御依頼分でしたら、必ず新品部品にリプレースします。

導通確認し、基盤部のリペア完了です。

燃えるのは恋心だけでいいんです

キャビネットに戻し音出ししたのですが、音は出るけどなんか変、、
「STEREO」では4発から音が出て、「MONO」だと片側しか出ない。パターンを目で追ってみますが、スイッチの表記と動作が逆??
最初に撮った通りの向きに取り付けたはずなのに。
で、ひっくり返して取り付けたのですが、ばっちり動作しました。

考えるに、「倒したかなんかでジャックが陥没」→「ジャック端子部ちぎれて音出ない」→「お店側が修理してみるけど基盤を反対向きに取り付ける」→「自分がぐりぐり抜き差ししてとどめを刺した」って具合でしょうか。


というか、安いんであんまり文句言っちゃいけないとは思うんですが、商品販売ページには外装の汚れや破れは記述してありましたが、2発しか鳴りませんなんて書いてなかったわけで、発送前に動作確認しますと書いてあったのでそこはちゃんとしてほしいなと思いました。楽器販売では超大手です。全国にお店あります。書きませんが、ちょっとなんだかなーって感じです。
あと、仮に音の出る出ないを値段のせいにして、仕方なく音の出る範囲で使用しててキャビネットが燃えたら(FH)こっちの責任になってたかもしれないという怖さがすごいです。お店側もここまでは把握できてないとは思いますが。多分。
燃えたらってのは最悪パターンでよっぽど起きないとは思うのですが、ただ熱で変色するのとスパークで焦げるのでは、個人的に後者の方が怖いです。
あとバラシてわかったのですが、スピーカーユニットが1発別なのがついてました。そんなの聞いてない。

右下。店で修理の時変えた?聞いてないよ~

安いものには何かあるんですね。勉強になりました(毎回繰り返してますが)

さーキャビネットも治ったし音出し音出し!!めっちゃいい音!クリーンがすごい、ハリがあって好み、、
あ、あれ?どんどん音が小さくなる、、というか音量がめちゃくちゃ不安定です。


これはアンプ側も掴まされたかと頭を抱えつつ、原因を探ります。

真空管かな?と別のアンプから6L6を移植したりして動作確認しますが、症状は変わりません。音は出るけど音量が不安定。
症状が変わらんてことは真空管ではない??これ以上は範囲外というかアンプ技師ではないのでよくわかりません。

とりあえず中を開けてみますが、ぱっと見て電解コンデンサも綺麗だし燃えてる部品もない。もう涙目は避けられません。

餅は餅屋。アンプはアンプ屋

涙でにじむ目をぬぐいながらアンプ修理の業者を検索し、「感電したくないしこれは技師にお願いしよう、、」と考えていたところ
「音量の不安定さがスピーカーケーブルの不具合によるもので、交換で改善した」という情報を得ました。

今回使用したスピーカーケーブルはBeldenの#9497で、完成品を新品で購入したものです。
粗悪な純正ケーブルとかじゃないし、ちゃんとしたケーブルメーカーのだし不具合は考えにくいけど、、一応確認を実施します。
すると、、

衝撃の事実、、!!

なんと断線を示す「×」マークが出てます。正確には、導通したり断線したりがケーブルの曲がり具合で変化してました。

まじか。新品なのに。安いものを掴まされたとかではないのに。これはムカッとするより、びっくりしました。

ケーブルを動かして不具合箇所を探ると、プラグカバーから出てる線材のつけ根で断線してるぽい?てことは繋ぎ直せば音出るよね?
もうここまでくると早くちゃんと音を出したくて返品なんて待ってられません。直します。

プラグ内部の熱収縮チューブをむきます。ハンダ除去してプラグ取って、、ってちょっと待て、何かおかしくない?

食い込んでません?

この投稿で「なんと」を使うのが何回目かわかりませんが、なんとカシメ部が被覆を貫通しているようです。
オレンジと黒の両端子間をテスターで確認したところ、ばっちり導通してました(あかんやん)

ざっくりイっちゃってる

↑これはもうちょっと見やすいかもしれません。

カシメ部だけ二重に

改善策として、カシメ部のところだけ熱収縮チューブを個別に通し、さらに端子部を覆うようにチューブを通します。
あまり強くカシメられていないので、ハンダ部が引っ張りや振動の影響を受けやすくなるかもしれませんが。
(ただ挟み込む荷重はかけています)

結局、両端ともカシメ部が食い込んで被覆を破り、ショートしてました。
これは新品で購入したものなので、文句言っていいと思います。勘弁してよ~
アンプ出力がショートって、ヒューズがあるとはいえ全然気分良くないです。出力でかいし怖いです。

悪い爪痕を残した例

繋ぎ直した分だけ短くなってしまいましたが、完成しました。

このケーブルの記事書いてて目がちかちかしてきた

いよいよ待ちに待った音出し!!!

めっちゃ音良い!気持ちいい!
不具合を自分でFixしたので喜びもひとしおでした。
一通り時間をかけて試奏し、不具合なく動作することを確認しました。ヘッドアンプ壊れてなくてよかった~

イライラと達成感が相まってめちゃくちゃ長文になってしまいましたが、改めて下記教訓を学びました。
・安いものには裏がある
・新品でも必ず初期不良を疑え
・餅は餅屋
これらを心にとめて日々生活に努めたいと思います。

改めまして試奏用アンプです

今回修理したアンプは、工房内に設置しギター試奏用として使用します。

また、上記のような症状でお悩みの方、また修理等をご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
なおアンプにつきましては、軽度であれば当方で修理可能ですが内部的な不具合の場合は外注修理となります。

何はともあれ症状が出てお困りの方、重ねてではありますがお気軽にお問い合わせくださいませ。